惑星をつぐ者

No.341
カテゴリ:SF
オススメ度6 ★★★★★★☆☆☆☆
著者:戸田尚伸
出版社: 集英社
発売日:1996/1
巻数:1巻完結

「スパイラル・ナイフ!」

およそ20年前。

90年代のジャンプに突如として登場し彗星の如く消えたこの作品。

異彩を放つその作画は強く印象を残しました。

それがこの「惑星をつぐ者」です。

あらすじ

いつしか宇宙に進出した人類。
過酷な環境のもとで、人類種は滅亡しつつあった。
生き延びる方法は、細々と生きるか奴隷として他の異星人に仕えるかのみ。
灼熱の惑星で奴隷として働いていた青年・マットは、ある日行き倒れていた男を助ける。
しかし、彼こそは全宇宙規模の賞金首、バラダット・ナイブスだった…!?


感 想
時代と掲載誌が違えばヒットしていたかもしれない。

そう思ってしまう作品です。

やはり、目を引くのがその作画。

このサイトではたまに古い名作漫画をご紹介しています。

そんな作品は、えてして「古さを感じない、すごい!」と書くのが多いのですが…。

今回は全く逆。

これ、いつの時代の漫画だ?

発表は1995年。
掲載誌は「少年ジャンプ」です。

ええええええ?

1970年台の間違いでは?

20年近くタイムスリップしたような絵柄。
真面目すぎるテーマとその内容。

ターゲット層は、確実にジャンプの読者じゃないだろう!?

やはりというべきか。

9週で打ち切りとなりました。

でもね。

面白いんです!

この1巻完結のボリュームがちょうど良い。

これぞ隠れた名作です。

惑星(ほし)を継ぐ人たち。

バラダット・ナイブス。
全宇宙規模の賞金首。
惑星マリスの全住民を皆殺しにしたとして追われている。
伝説の武器「自在剣(スパイラル・ナイフ)」の使い手。

マット。
灼熱の惑星ダロウスで奴隷として働く人類種の青年。
荒野に行き倒れていたナイブスを助ける。

J(ジェイ)。
惑星マリスの生き残り。
ナイブスと因縁のある科学者。


これぞ、ザ・SF!

宇宙での人類の進化をテーマに描いたこの作品。

ど真面目すぎるテーマに「ザ・SF」的な登場人物たち。

まるで古いアメリカ映画のようです。

そして、この作品の魅力はなんといっても、その独特の作画。

90年代中期のSF作品とは思えないようなキャラクターデザインの数々。

宇宙服。
このデザイン!
賞金稼ぎ。
いかにも!
宇宙海賊。
なんでグラサン!
宇宙最強のグール族。
パイプついたマスク!
どうですか?

まるでアメコミのような。
まるでスペースオペラのような。

古き良き!って感じしませんか?

ええ、しない?

なんか、ノスタルジックでワクワクするんだけどなぁ。


さて、評価は?

最初にも書きました。

おそらく、発表する時代と掲載誌が違えば、もっと違う形になっていたでしょう。

どう考えても青年誌向きの内容と絵柄。

漂う古典的なSF小説、SF映画のようなテイスト。
大人になってこそわかる味といいましょうか。

要するに、渋い。
というか、苦い。

これは「少年」にはウケが悪いのも仕方ないかな。

再評価されて欲しい作品の一つです。

今読んでも十分に面白い。

ということで。
SF好きのおっさん仲間に【星6つ】でオススメします。

ちなみに。

SF小説の金字塔、ジェイムズ・P・ホーガンの「星を継ぐもの」とは全くの別作品です。

さらに。

残念なことに電子書籍化していません。

コミック版は手に入りにくくなっているため、中古本でもプレミア価格がついています。
運良く古本屋などで安く見かけた方は、手に取ってみてはいかがでしょうか?

全1巻を読む
(1995)

スポンサーリンク
osuman_336x280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
osuman_336x280