夜見の国から~残虐村綺譚~

yomi-no_kunikara_cover

No.191
カテゴリ:サスペンス・ホラー
オススメ度8 ★★★★★★★★☆☆
著者:池辺かつみ
出版社: 日本文芸社
発売日:2012/12/20
巻数:2巻完結

「大キナ事ヲ始メマス…」

yomi_1

何度も読み返す。
漫画はそういうものだと思っています。

でもまれに。
一度読んだきり決して読み返さない。
でも、一度は読んでおきたい。
そういった作品もある。

そんな一つがこの「夜見の国から~残虐村綺譚~」です。

概 要

「あくまでフィクションです。」
と、冒頭に書かれています。

ですが。
日本で実際に起きた、ある大事件を元に描かれたのは明白。

「津山事件」をご存知でしょうか?

太平洋戦争中に岡山県の山間部の集落で起こった凄惨な殺人事件。
たった一人の青年が、約2時間半で33人を殺したという他に類を見ない大事件。

あの「八つ墓村」のモデルになったことでも有名です。

本作は、その「津山事件」をもとに、著者のオリジナル解釈が施され描かれた作品です。


感 想
とにかく凄惨。
そして陰惨。

本作はコミック時は全1巻となっていますが、電子書籍化時には上下巻と2冊に分かれます。

それほどのボリューム。

前半はネチネチ。

これでもか!というほど。
陰惨な村で因習、ただれた人間関係、主人公へのいじめが描かれています。

閉じた村社会。
理不尽な扱い。
心身ともに耗弱していく主人公・睦男。

yomi_3

まぁ、これだけじっくり描かれたら、彼への同情も禁じえない。
それほど、主人公・睦男の追い詰められていく様に見入ってしまう。

よくもまぁ、これほど。

ネチネチと描くもんだ!

描いてる方も病まないかな?
と心配になるレベル。


後半は血みどろ。

そして、後半。

ついに睦男による報復?いや、虐殺が幕を開けます。

yomi_5

その後の勢いは凄まじい!

一気にジェットコースター的スプラッター!
100数ページに及ぶ、村人への虐殺シーン。

これも執拗に描く!
圧倒的に酷く。

単に殺していくシーンの羅列ではない。
一軒一軒。
睦男の恨みの深さによって、殺し方の違いを丁寧に。

延々と続く虐殺シーンは鬼気迫る。

そして最後。
全てをやりきったあとの睦男のこの表情。

yomi_6

満足したような。
泣いているような。

この表情の描きかたはすごい…。
魂が乗り移っている、そんな気さえします。


戦時中という特殊な時代背景。

現代とあまりに風習や常識が違いすぎるので、共感は難しい。

でも、これほど追い詰められたら、周り全てを恨んでしまうよなぁ。。
と納得させられてしまう。

それも著者の巧みな技量の証かも。

「津山事件」。
もし詳細を知らない方は、そのまま読んでもよし。
ググって多少の予備知識を得てから読んでもよし。

あえてここでは書きません。


さて、評価は?

作画、構成、ともにクオリティが高い。

読んでいると空気が重くなる。
暗い別世界に閉じ込められたような。
それほどの存在感を放つ作品です。

それゆえに。
陰惨な表現と残虐な表現のインパクトが強い。
耐性のない方にはオススメできません

特に子供さんは読まない方が良い。

それを考慮して【星8つ】とさせて頂きます。

全2巻を読む
(2012)


【その他の池辺かつみ作品】

桃太郎侍 全8巻
(2005〜2008)

新選組疾風伝~群狼の星 全6巻
(2003〜2005)

四代目 北蔵
kitazou(2001〜2002)

東京地検特捜部長・鬼島平八郎 全3巻(新装版)
(1999〜2000)

スポンサーリンク
osuman_336x280