鉄腕アダム

adamu_cover

No.11
カテゴリ:新作/SF
オススメ度7 ★★★★★★★☆☆☆

著者:吾嬬竜孝
出版社: 集英社
発売日:2016/9/2(1巻)
巻数:1巻以下続刊 <連載中>

「蝶を倒せるのは君だけだ」

tetsuwan_1

とっても気になる作品が出てきました!
それがこの「鉄腕アダム」。

あらすじ

西暦2045年。
人類は新たなフロンティア、火星への入植を始めていた。

そこへ飛来する「蝶」と呼ばれる謎の生命体。

地球は1体のヒューマノイド、アダムに全人類の防衛を託す。
残る蝶はあと8体。
アダムは地球を守りきることができるのか…?


感 想

まず、惹かれたのは。

この突然に飛来する謎の生命体。

ビジュアルがかっこいい!

圧倒的な大きさとヴィジュアルは、どこか「エヴァンゲリオンの使徒」を彷彿とさせます。

tetsuwan_2

tetsuwan_3

この蝶の飛来の目的は?

どこからか?何のために?

謎はまだ語られません。


ロボットvs謎の生物?

宇宙怪物を退治するロボット物か?
そんな安っぽい仕上がりではありません

本作は空想科学ではなく、現実の科学や研究中の科学に基づいて描かれています。

やたらと科学的なセリフや注釈が多いことからも分かる通り。

ウンチクが多すぎて、多少読みにくく感じる場面も(笑)
tetsuwan_7

こういうコマが延々続く!

さらに、おまけページで「科学講座」なるものもあり。
これも小さい字でびっしり!!

著者の並々ならぬ宇宙科学への情熱を感じてしまいます。

SF好きには萌える、いや。
燃える展開かと。


アトムじゃないよ、アダムだよ。

「鉄腕アダム」のネーミングは、もちろんあの「鉄腕アトム」から。
物語の中でも、相棒で科学者のジェシーがアトムの話をする場面が出てきます。

人類すべての命運を託されたアダム。
tetuwan_9

アダムを作り、相棒でもある科学者ジェシー。
tetsuwan_8

そしてアダムサポートするチーム。
tetsuwan_5

1巻で登場人物が出揃い、これからどうなっていくのか。


さて、評価は?

「鉄腕アトム」は最後、人類を救うために犠牲となりました。

この「鉄腕アダム」はどうなるのか?
作者はきっと何かしら「アトム」の最後を意識してるでしょう。

作画は線が細く、儚げな終末感を感じてしまいます。

ハッピーエンドとなるかバッドエンドとなるか?

まずはオススメの【星7つ】

これからの展開が楽しみです。

1巻から読む
(2016〜)

スポンサーリンク
osuman_336x280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
osuman_336x280